くらし情報『実は今でもつい使っちゃう、衣服に関する死語1位「ズボン(パンツ、ボトムス)」』

2014年7月7日 16:03

実は今でもつい使っちゃう、衣服に関する死語1位「ズボン(パンツ、ボトムス)」

実は今でもつい使っちゃう、衣服に関する死語1位「ズボン(パンツ、ボトムス)」
ファッションに関する言葉は次々と生まれ、今まで使っていた単語が死語になってしまうことは少なくありません。しかし、雑誌などではすっかりみられなくなった言葉でも、まだ日常会話で多用されていることがありますよね。

今回は、「実は今でもつい使っちゃう、衣服に関する死語」を459名の読者に聞きました。

Q.実は今でもつい使っちゃう、衣服に関する死語を教えてください(複数回答)
1位ズボン(パンツ、ボトムス)53.2%
2位チャック(ファスナー)41.4%
3位ジーパン(デニムパンツ)39.4%
4位ジャンパー(ブルゾン)23.3%
5位水玉模様(ドット)19.6%

■ズボン
・「『パンツ』といった場合、下着のパンツとの区別が面倒」(44歳男性/情報・IT/クリエイティブ職)
・「ズボンを『パンツ』と言う方がかえって抵抗ある」(27歳女性/建設・土木/事務系専門職)
・「死語ではないと思う」(32歳男性/金融・証券/専門職)

■チャック
・「チャックの方がかわいいから敢えて使っている」(30歳女性/機械・精密機器/事務系専門職)
・「~空いてるよのときはやっぱりチャックだと思う」(35歳女性/自動車関連/事務系専門職)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.