くらし情報『500円の贅沢プチ丼「フォアグラご飯」が名物―恵比寿の隠れ家ワインバー「ぺりかん」』

2014年8月28日 12:33

500円の贅沢プチ丼「フォアグラご飯」が名物―恵比寿の隠れ家ワインバー「ぺりかん」

500円の贅沢プチ丼「フォアグラご飯」が名物―恵比寿の隠れ家ワインバー「ぺりかん」
誰もが一度は食べたいと夢見る高級食材、フォアグラ。しかしフレンチレストランなどにわざわざ食べに行くのは少々勇気が要る。そんなフォアグラを、「気軽にちょこっとだけ食べたい!」という願いに応えてくれるのが、恵比寿駅から広尾駅の間にある一軒家ワインバー「ぺりかん」だ。

オーナーシェフが試作の末に生み出した「フォアグラご飯」が好評で、リピート客が続出中だと言う。

●濃厚なフォアグラを、さっぱり醤油ダレで
木のインテリアで統一されたこぢんまりとした店内は、アットホームな雰囲気。オーナーの佐野さんは、長年フレンチのシェフとして活躍した経歴があるそう。そのためメニューにはフレンチよりの料理が目立つが、基本的にはジャンルにこだわらず、ワインに合う多彩な料理を提供する。

名物「フォアグラご飯」は税抜きで500円。悩まずにオーダーできるお手ごろ価格だ。小ぶりの可愛らしい器にご飯を軽く盛り、グリルしたフォアグラをのせて特製醤油ダレをかけたミニサイズ丼は、最後のシメにピッタリ。

タレは醤油をベースに、ニンニクやバルサミコ酢を加えて半年間熟成させたもの。こうばしく焼けたフォアグラは、ふわっ、とろっとした口当たり。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.