くらし情報『田舎の古い民家が格安で購入できますが……メリットやデメリットはどんなのがある?』

2014年9月7日 19:57

田舎の古い民家が格安で購入できますが……メリットやデメリットはどんなのがある?

田舎の古い民家が格安で購入できますが……メリットやデメリットはどんなのがある?
田舎の古民家が格安で売られています。筆者の地元、京都府北部では山、畑付きの古民家が200万円ポッキリと、破格の値段で売りに出されていたりしています。都会の生活に疲れ、田舎暮らしを望む人たちにとっては、田舎の広い敷地の物件が格安なのはありがたいことでしょう。

しかし、当然デメリットもあるものでして……。中堅不動産デベロッパーの営業マンに、こうした格安で購入できる田舎の古民家のメリット・デメリットを聞いてみました。

■買ってからお金がかかる古民家

――最近、地方の古民家が、広い土地付きで数百万円といった格安価格で売られていることが多いのですが、こうした古民家を購入することにはどんなメリットがありますか?

営業マンそれはもちろん「安さ」に尽きますね。今は本当に安いですよ。

――それ以外のメリットはありますか?

営業マン田舎暮らしをしたい方にとっては、山や畑が付いているのは魅力的ではないでしょうか?ただ、物件自体のメリットはそこまで強くありませんね。

――確かに、土地や建物の価値が低いからこそ、安い値段で販売しているわけですから、そのあたりのうま味は薄いかもしれません。逆にデメリットはどんなことがあるのでしょうか?

営業マンまずは、シロアリの問題です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.