くらし情報『タコは薬あつかいだって本当?』

2014年9月30日 19:26

タコは薬あつかいだって本当?

なのである。

さらに、たとえ天然由来であっても「医薬品成分」リストに含まれる成分を、サプリに用いることができない。例えば、魚介類のなかでもタコやイワシなどは、ファイト一発なドリンクで定番のタウリンが含まれるため、サプリにできない。

どうしてもタコを使いたい場合は、

1.食品であることを明記する

2.原材料(この場合はタコ)を加工したものであることを明記する

3.「医薬品」と誤解されないよう特定成分(この場合はタウリン)の強調をしない

4.もともとの原材料の本質を失っていない

と、4つの厳しい条件をクリアしなければならない。こうしてできたタコ・サプリは、4.により「タコらしい形や風味」を維持しなければならないので、定番の錠剤やカプセルというカタチにはなりにくい。サプリの名とはほど遠く、イワシでおなじみの「缶づめ」になってしまう可能性が高いのである。

■まだまだある!サプリにできないものたち
サプリの原料に使いづらいものはまだまだある。果物ならばパパイヤやパイナップル、ヨーグルトで定番のアロエもNGなのだ。

パパイヤやパイナップルがダメな理由は、パパインという酵素が含まれているためで、これは肉を柔らかくすることで知られ、ステーキ肉をパイナップルで柔らかくする技をご存じの方も多いだろう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.