くらし情報『16年間植物状態だった人、ヒッチコックのサスペンスに反応』

2014年10月4日 21:49

16年間植物状態だった人、ヒッチコックのサスペンスに反応

16年間植物状態だった人、ヒッチコックのサスペンスに反応
16年間植物状態の人にヒッチコックのサスペンス映画を見せたところ、神経活動が確認できました。研究者によれば「意識レベルがどれくらいあるか分からない人でも、周りの環境に注意を向けることができる」ことが分かった最初のケースだそうです。

5人に1人の植物状態の患者に意識があるのではないかと言われています。しかし、研究者は最近まで、そのことを証明することができませんでした。

博士研究員のローニア・ナシア氏によって率いられる、西オンタリオ大学の研究者チームは、映画の物語が進む中(シークエンス)で神経活動が見られるかどうかを計測する、繊細な方法を開発しました。この研究は、PNASに発表されました。

研究には、対象者の脳をMRIでスキャンする間に見られる7-8分の映像が必要でした。研究者は、アルフレッド・ヒッチコックのショートフィルム『バアン!もう死んだ(Bang! You’re Dead)』が、この研究にぴったりだということに気づきました。

この映画には、初め、中、終わりに3つの章(シークエンス)があります。装填された銃を持って町の中を歩く少年の話です。

研究には、12人の健常者ボランティアと、脳を負傷し、行動的に反応がなく意識レベルがどれくらいあるか分からない人が2人参加しました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.