くらし情報『新たな「国」を造るには、何が必要?』

2014年10月13日 17:07

新たな「国」を造るには、何が必要?

新たな「国」を造るには、何が必要?
連日のようにニュースをにぎわす「イスラム国」。きな臭い話題が多いので、一日も早い沈静化を望むひとも多いだろう。

新しい「国」を造るには、なにが必要か?主権、領土、国民の3つを用意すれば慣習的に「国」として成立し、ほかの国がそれを承認すれば新しい「国家」として扱われる。ただし「承認」の意味は国によって異なり、そこに存在するのは知っている的な、浅い意味しか持たないのが主流で、事実上は国連が認めなければ意味を持たない。

「社会の悪」と認識されると集合的不承認を食らい、国から格下げされる可能性もあるのだ。

■意外とあいまいな、国家の「承認」

国を成立させるためには、

1.主権…ほかの国から干渉を受けずに、国を維持する機能

2.領土…海や空を含む

3.国民…その国に統治される住民

の3つが揃えばOKだ。ただしあくまで「慣習的」にOKの意味で、これらを申請する必要もなければ、誰かが許可する仕組みでもない。事実上「国」と呼べる条件を揃えられれば、誰でも新たな国が作れるので、もし国王になりたければ、どの国の領土でもない土地と、自分についてきてくれる人たちを探すことから始めよう。

つぎに必要なのは、他国からの承認だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.