くらし情報『相手の感情をコントロールするに、「アンカリング」を使う方法―交渉術においては最初の提示条件が大事』

2014年11月15日 11:40

相手の感情をコントロールするに、「アンカリング」を使う方法―交渉術においては最初の提示条件が大事

相手の感情をコントロールするに、「アンカリング」を使う方法―交渉術においては最初の提示条件が大事
人間関係を築くのが苦手だという人は多いものです。表面上はうまく繕っていても、内心ハラハラドキドキ……。また、相手にお願い事をするのが下手だと悩んでいる人もいるでしょう。そんな場合には、アンカリングというテクニックが使えます。

■アンカリング1パブロフの犬の条件反射

パブロフの犬という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。これはいわゆる条件反射のことで、アンカリングの典型例の一つです。ロシアの生理学者イワン・パブロフが犬の唾液分泌実験で見つけました。犬に餌をやる前にベルを鳴らす、という決まりを作って何回も餌やりを続けると、ベルを鳴らすだけで餌がもらえると思った犬が唾液を分泌させるようになったのです。

■人もパブロフの犬状態にしてしまおう

このアンカリングを自分や相手に使用することができます。スポーツ選手の験担ぎがまさにこれに当たります。最高のパフォーマンスをしている自分と、例えば右足からクツを履くという行動を結びつけておけば、その行動をすることで最高の状態を引き出せるようになるのです。

普段の人間関係で言えば、例えば二人の雰囲気が良い状態では必ず親指を立てて笑顔を作るように心がけます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.