くらし情報『ぶっちゃけグリーンスムージーって体にいいの? 管理栄養士のこたえ「牛乳は吸収を阻害」「糖分の取りすぎに注意」』

2014年12月13日 11:00

ぶっちゃけグリーンスムージーって体にいいの? 管理栄養士のこたえ「牛乳は吸収を阻害」「糖分の取りすぎに注意」

ぶっちゃけグリーンスムージーって体にいいの? 管理栄養士のこたえ「牛乳は吸収を阻害」「糖分の取りすぎに注意」
■ポイントは飲むタイミングと材料の組み合わせ!?
最近流行しているグリーンスムージー。野菜や果物をミキサーにかけたジュースです。飲むタイミングや食材の合わせ方などのコツを知ることでよりよいミネラル補給の手助けとなってくれます。

まず飲むタイミングですが、やはり朝食がおすすめです。寝ている間に体内が空腹な状態の朝は、取り入れた栄養をそのまま吸収してくれます。また、糖分が脳への栄養や刺激となり、昼からの活力につながります。

次に食材の合わせ方ですが、スムージーにはグリーンの野菜と果物を合わせるようにしましょう。これらには「酵素」が多く含まれ、体内で消化吸収を助ける働きがあります。特に果物ではマンゴーやパパイア、キウイ、バナナなどがおすすめです。牛乳やヨーグルトなどを加えてしまうと吸収が阻害されてしまうので水分は水がよいでしょう。

■スムージーで野菜不足もラクラク解消!

一日の野菜の目標摂取量は350g以上、果物200g。これを食事から取るのはかなり大変なことです。しかし、スムージーは緑の野菜とフルーツを組み合わせて作る飲み物なので、一度でかなりの野菜を摂取することができます。また加熱することで失われてしまうビタミンCなどのミネラルも、余すことなくしっかりと体に吸収させることができます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.