くらし情報『つらいときにいつも思い出している著名人の名言・格言の数々「北村一輝 売れる自信はないけど、続ける自信がある」』

2014年12月15日 23:27

つらいときにいつも思い出している著名人の名言・格言の数々「北村一輝 売れる自信はないけど、続ける自信がある」

つらいときにいつも思い出している著名人の名言・格言の数々「北村一輝 売れる自信はないけど、続ける自信がある」
仕事や恋愛などでつらいことがあり、打ちのめされてしまうことは誰もが経験すること。それでも一人で立ち上がらないといけないとき、著名人の名言や格言が背中を大きく後押ししてくれることがあります。筆者も学生時代は選択に迷いが生まれるたび、随筆家・高橋歩の「足踏みしても靴底は減るだけ」という言葉に励まされてきました。

読者の皆さんはどんなときに誰の言葉に力をもらっているのか聞きました。

調査期間:2014/11/10~2014/11/14
有効回答数473件(ウェブログイン式)
マイナビウーマン調べ

■失敗してしまったとき

相田みつをさんの『七転八倒 つまづいたりころんだりするほうが自然なんだなにんげんだもの』。なにか失敗するとなんとなく思い出す」(22歳/女性)
「バンド・エレファントカシマシ『さよならパーティー』の歌詞。落ち込んだりしたときに、今の状況は輝くためのものなんだなと力が湧いてくる」(29歳/女性)
「一休さんこと一休宗純の『大丈夫だ。心配するな。なんとかなる』という言葉」(27歳/女性)

とにかく失敗して落ち込んでいるときは、詩人や歌手の言葉にみなさん元気をもらうようでした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.