くらし情報『男はこう思っていた! バレンタイン&ホワイトデーの苦い思い出4つ』

男はこう思っていた! バレンタイン&ホワイトデーの苦い思い出4つ

2015年1月30日 21:58
 

男はこう思っていた! バレンタイン&ホワイトデーの苦い思い出4つ
好きな人に告白をしたり、彼氏に手の込んだチョコをプレゼントしたり……。バレンタインデーといえば、女性にとって特別なものですよね。では逆に、男性はどうでしょうか。もらう側だっていろいろとあったはず。男性のバレンタイン&ホワイトデーの「苦い」思い出を聞いてみました。

■「お返しいらない」を鵜呑みにして大ひんしゅく
「高校のとき、後輩からチョコとラブレターを渡されて『お返しはいりません』と言われた。そのままホワイトデーをスルーしたら、いつの間にか俺が悪者になっていた」(23歳/広告)

「いらないって言ったじゃん!」と思いますよね。例えお付き合いができなくても、形だけでもお礼を渡せたなら、先輩としても株を上げられたのかもしれません。

■手作りチョコが指紋だらけ
「手作りチョコをもらうのはいいんだけど、ところどころに指紋らしきモノを発見してしまった。ちょっとどうにかなんないの?とツッコミを入れたかった」(27歳/団体)

女子はチョコを手作りするなら「最後まで気を抜かずに作るべし」。とくに指紋は衛生面を疑ってしまうのでNGです。

■彼女でもない相手から手編みマフラー
「バレンタインデーの日、知り合いの子からチョコと手編みマフラーを渡されて告白された。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.