くらし情報『不眠だけでなく、日中の睡魔も漢方薬で治せる!? 睡眠障害の原因と対処法』

2015年2月2日 06:36

不眠だけでなく、日中の睡魔も漢方薬で治せる!? 睡眠障害の原因と対処法

不眠だけでなく、日中の睡魔も漢方薬で治せる!? 睡眠障害の原因と対処法
ランチを食べたあと、午後の仕事中は眠くて眠くてたまらない……。そんな「症状」が慢性化しているあなた。もしかしてエネルギー不足が原因かもしれません。

ビジネスパーソンに多いのが「睡眠不足」。夜寝付きが悪いために睡眠不足になったり、慢性的に不眠の症状がある人も。うまく睡眠を取れないことが続くと、体調を崩す原因にもなりかねません。睡眠の問題とどう向き合っていけばいいか、霞が関診療所の丸山綾先生に聞きました。

「まず一番大事なのは、自分の睡眠時間をチェックしてみること。『ちゃんと寝ているはずなのに昼間もずっと眠たい』という人によく話を聞いてみると、実は平均睡眠時間が4時間程度ということもあります。睡眠時間が短いことに自覚がない場合もあるので、一度、睡眠時間の管理ができるアプリなどで、自分の睡眠時間がどのぐらいなのかをチェックしてみましょう」

最近は睡眠時間だけでなく眠りの深さも含めて管理できるアプリも登場しています。体重管理をする感覚で、睡眠時間のチェックもしてみるといいかも。

それでは、睡眠時間がきちんと取れているのに「眠い」という場合や、眠りが浅くて良質な睡眠を取れないという場合は、どのようなことが考えられるのでしょうか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.