くらし情報『コンニャクを保存する3つの方法』

2015年2月24日 11:30

コンニャクを保存する3つの方法

コンニャクを保存する3つの方法
コンニャクはローカロリーなため、煮物や炒め物のかさ増しとして優れた食材です。値段も安く、賞味期限も長いですよね。そんなコンニャクの保存法方に関する雑学をご紹介します。

■残ったコンニャクはパックの液体で保存

コンニャクは1パックが大きいため、使い切れずに残ってしまうこともありますよね。そんなときには、もともと入っていた液体をタッパーなどに移しておき、そこにコンニャクを入れて冷蔵保存しましょう。

パックに入っている液体はただの水ではなく、水酸化カルシウムなどが入ったアルカリ性の水です。触るとヌルヌルするのはそのためです。アルカリ水には殺菌作用があるため、残ったコンニャクをつけておくと保存期間が長くなるのです。

液体を捨ててしまった場合は、水道水でもかまいません。2~3日に一度、水を交換するようにしましょう。

■袋のまま保存

コンニャクを大量に買うことはあまりないかもしれませんが、袋のままだと非常に長持ちします。開封前のコンニャクは、冷蔵庫で保存すれば半年ほどもちます。賞味期限は1~3カ月程度になっている場合もあるので、異変を感じた場合は無理に食べないようにしましょう。

■冷凍して保存

最近は冷凍コンニャクを使った料理レシピが人気になっています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.