くらし情報『カラダの中から紫外線対策! 美白のカギは“みそ”にあった!?』

2015年4月30日 10:00

カラダの中から紫外線対策! 美白のカギは“みそ”にあった!?

カラダの中から紫外線対策! 美白のカギは“みそ”にあった!?
いよいよ紫外線シーズンも本格化。こまめに日焼け止めを塗る、外出時は日傘をさすなど、さまざまな紫外線対策を実践している人も多いのでは?シミのない透明感のある肌づくりには、外側のケアだけでなく内側からのケアも大事。毎日の食事で無理なく美肌づくりができたらうれしいですよね。実は、日本人にとって欠かせない調味料「みそ」が、美白ケアにはオススメなんだとか。そこで、「みそ」が持つ美肌・美白効果について、管理栄養士の伊達友美先生に伺いました。

■みそは美容にうれしい調味料だった!

まず気になるのがみその成分。一体、どのあたりが美容にいいのでしょうか?

「なんといっても『みそ』には、たっぷりのミネラルが含まれています。お椀1杯のみそ汁には、500mlのミネラルウォーターよりもたくさんのミネラルが含まれているのです。ミネラルは、肌の新陳代謝を高めるための大事な成分であり、美肌を目指すならば欠かせないものです。また、みそに含まれているコウジ酸は、シミの原因とされる酵素、チロシナーゼの働きを抑制すると言われています」(伊達先生)

みそや醤油、日本酒など、麹を使う食品を作る職人さんの手は白く美しいことが多いそうですが、それも、コウジ酸の働きと考えられているそうです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.