くらし情報『いったんおつかれさま加湿器! しまう前のお手入れで、次シーズンも快適保湿』

2015年6月24日 09:30

いったんおつかれさま加湿器! しまう前のお手入れで、次シーズンも快適保湿

いったんおつかれさま加湿器! しまう前のお手入れで、次シーズンも快適保湿
衣替えの季節です。秋冬ものの洋服をしまう際に一緒に片付けておきたいのが加湿機。ただし、ケアが不十分なまま、しまいこむと翌シーズンまでにカビや雑菌の温床になってしまうこともあるとか。All About「家事・掃除・子育て」ガイドの藤原千秋さんに正しい加湿器の片づけ方を聞きました。

■カビや雑菌が繁殖するとアレルギーの原因にも

「残った水を捨てた後は、殺菌効果のあるエタノールで拭いたり、しっかり乾かしてから片付けることが大事です。水を入れっぱなしで放置するのはもちろん、“水を捨てるだけ”で収納するのもカビや雑菌を増やす原因になります」(藤原さん)

タンク内や中にたまった水のなかに細菌やカビなどの微生物が繁殖したまま、長期間使い続けると、“加湿器病”と呼ばれるアレルギー性の肺の病気を引き起こすこともあるとか。

「加湿器には主に『超音波式』と『加熱式』、『気化式』の3タイプがあります。
ヒーターで熱を加える『加熱式』やフィルターを透過させる『気化式』の場合は、カビや雑菌がそのまま空気中に放出される心配はほぼありません。一方、『超音波式』価格も手ごろで、デザイン性にも優れている反面、水分と一緒にカビや雑菌を放出しやすいため、入念なお手入れが欠かせません」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.