くらし情報『料理時間10分なのに「手間かけて作ってくれたんだね」と褒められちゃう、レシピ本新発売』

2015年7月1日 17:00

料理時間10分なのに「手間かけて作ってくれたんだね」と褒められちゃう、レシピ本新発売

料理時間10分なのに「手間かけて作ってくれたんだね」と褒められちゃう、レシピ本新発売
文響社は2015年7月3日に、言われたらうれしい86の「おいしい言葉」をレシピにした小田真規子著『手間をかけずにこの「ほめ言葉」が聞こえるレシピ』を発売する。

同書は従来の料理本と違い、この料理の味や食べた人の気持ちがこうなるといいな、というのを「ほめ言葉」という理想形にするところからスタート。その言葉を分析し、逆算してレシピを作った。

これまで単純に「おいしい」だけで止まっていた一歩先をいく、具体的な「おいしい言葉」まで踏み込むことができ、料理を作るモチベーションを生み出す新しい料理本となった、と同社。

おもてなし料理ではなく、毎日作る家庭での料理がメインなので、「10分で作れる」「野菜ひとつだけで作れる」など、手間をかけないレシピを多く紹介している。

同社の調査によると、ほめ言葉は料理のモチベーションになる人と答えた人は5割を越えた。「ほめ言葉」を言われる頻度は「たまにある」が40.7%と多いものの、「あまりない」「ほとんどない」の合計が27.7%と3割近く。せっかく料理を作ってもほめられない人が多いこともわかった。

そこで、もっと料理をほめられるように、やみくもに「料理をがんばる」ではない方法を提案するのが同書。

価格は、1,350円(税別)。

(エボル)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.