くらし情報『菌から体を守ろう! 働く女性に聞いた「お弁当の食中毒対策」3つ』

2015年7月7日 19:00

菌から体を守ろう! 働く女性に聞いた「お弁当の食中毒対策」3つ

菌から体を守ろう! 働く女性に聞いた「お弁当の食中毒対策」3つ
そろそろ暑い夏本番がやってきますね。夏はプールや海、花火など、夏にしか楽しめないことがたくさんあってわくわくする季節ですが、気温と湿度が高いため、非常に食中毒が多くなる季節でもあります。そこで今回は、世の女性たちに、お弁当を持って行くときにしている「食中毒対策」について教えてもらいました。

■食中毒予防の王道といえば梅干し

・「梅干しを入れる、ご飯と梅干しを混ぜた中にレモンを搾って混ぜる」(33歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「ご飯に梅干しを入れる」(23歳/その他/事務系専門職)

・「梅干しを入れる。冷めてからふたをする」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

・「梅干しを入れる。殺菌(?)効果があるそう」(23歳/農林・水産/営業職)

昔から、梅干しには防腐効果があると言われていますが、実際に梅干しは雑菌の繁殖を阻む力があるようです。夏のお弁当には欠かせませんね。

■冷凍食品を保冷剤代わりに

・「冷凍食品をチンせず入れて自然解凍させる」(26歳/運輸・倉庫/営業職)

・「保冷剤代わりに、冷凍食品を入れておく」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「自然解凍できる冷凍おかずを入れておき、保冷剤代わりに利用しています」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.