くらし情報『5ヶ月で販売数2万個突破! 芋と栗を使用した洋風菓子「いもくり」』

2015年9月3日 12:30

5ヶ月で販売数2万個突破! 芋と栗を使用した洋風菓子「いもくり」

5ヶ月で販売数2万個突破! 芋と栗を使用した洋風菓子「いもくり」
中島大祥堂丹波本店の販売する、丹波栗となると金時芋を使用したスイーツ「いもくり」が、発売開始から5ヶ月で20,000個を突破した。

同商品は、裏ごしした「丹波栗」と甘みのある「なると金時芋」の風味がお互いのよさを引き立て、満足感のあるおいしさを持つ焼菓子である。シロップに漬けた渋皮栗の粒が、なめらかな生地のアクセントとなっており、洋酒やスパイス、香料などは一切使用していないので、素材そのもののよさを楽しめる。

商品名「いもくり」の由来は、江戸時代の浮世草子・浄瑠璃で活躍した井原西鶴の作品にある「とかく女の好むもの芝居浄瑠璃芋蛸南瓜」の「いもたこなんきん」と「丹波栗」から。

そのままでも食べられるほかに、アルミホイルを敷いたオーブントースターなどで温めると、焼きたての美味しさが味わえるという。

12個入の価格は1,500円(税別)。

(エボル)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.