くらし情報『見ると沖縄に行きたくなる映画、マンガ・6選』

2015年9月20日 07:00

見ると沖縄に行きたくなる映画、マンガ・6選

見ると沖縄に行きたくなる映画、マンガ・6選
映画やドラマを見ていて、作品の舞台になったところに行きたくなることってありませんか?今回は「コレを見ると沖縄に行きたくなる!」と思うドラマや映画について、働く女性に聞きました。

■沖縄と言えば!『ちゅらさん』

・「おもしろいし、風情がある」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「沖縄のきれいな風景を見て」(30歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「おばぁや町の人たちの人柄がよかったから」(32歳/その他/クリエイティブ職)

2001年にNHK連続テレビ小説で放送された『ちゅらさん』は、沖縄の離島・小浜島を舞台に、国仲涼子さんが主演を務めたドラマ。続編がパート4まで制作された異例の作品で今なお人気が高い作品です。

■あの名曲が映画に!『涙そうそう』

・「沖縄のきれいな景色にあこがれるから」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「沖縄が舞台なので」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「北谷とか知ってるところが出てきてまた行きたいなと思う」(33歳/医療・福祉/専門職)

森山良子さん作詞の曲「涙そうそう」の世界観をモチーフに、2006年に公開された映画『涙そうそう』。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.