くらし情報『20代女子必見! 会社の飲み会におすすめの春先コーデ』

20代女子必見! 会社の飲み会におすすめの春先コーデ

2018年2月21日 10:10
 

関連リンク

・大人っぽいが即叶う♡ネイビーのブラウスで作る夏の大人女子コーデ特集!
・ホワイトの半端丈パンツを使って足元から夏らしく!上品きれいめな大人女子コーデまとめ♪
・指名買い!【ユニクロ】トレンドの夏トップスで作るおしゃれ大人女子コーデ特集♪
20代女子必見! 会社の飲み会におすすめの春先コーデ

会社の飲み会は学生時代とちがい、マナーや気づかいなど気にしなければいけないポイントがたくさん。特に女性は、どういった服装で参加すべきなのか悩みますよね。今回は会社の飲み会におすすめな“春先コーデ”について、専門家の都外川八恵さんにお話をお伺いしました。新年度から新入社員として社会人デビューされる人もぜひチェックしてくださいね。

■20代女性におすすめの飲み会コーデ

「明日は会社の飲み会なのに、何を着たらいいのかわからない……!」なんて経験はありませんか?意外と服装に悩む女性は多いですよね。そこで、20代女性におすすめの「会社の飲み会」コーデを、スタイリストの都外川八恵さんに教えてもらいました。

◇(1)短めボトムなら……キュロットタイプ

20代ですと短い丈のボトムを履かれる人も多いと思いますが、そんなときはスカートではなくキュロットタイプがおすすめです。会社の飲み会では、料理を注文したり、上司にお酌したり……など、いろいろと動かなくてはならない場面も。2階のお席に通されるかもしれませんし、靴を脱ぎ履きしなければならない場面もあるかもしれません。そんなとき、知らない間に露出していた、なんていうことがないように、キュロットでさりげなく防止しましょう。

◇(2)パンツなら……伸縮性のあるとろみ素材

飲み会では、お座敷になることも考えられます。パンツスタイルの場合、センタープレスが入ったようなかっちりしたタイプのものではなく、伸縮性のあるとろみ素材がおすすめです。テキパキと動けるだけではなく、パンツ素材なのに女性らしさも感じさせてくれます。

また、お座敷では、立ったり座ったりが多くなることも考えられますので、あまりタイトすぎないシルエットのものや、シミやシワになりにくい素材もいいですね。

◇(3)トップスなら……二面性のあるデザイン

会社ではジャケット着用が必須でも、飲み会となると脱ぐ機会も多いはず。そんなとき、ジャケット着用時には見えなかった装飾品がトップスからキラリと見えたり、隠れていた部分がレースやシースルーだったり……。まわりをいい意味でドキッとさせることができるハズです。

アフター5にさりげなくアクセサリーをチェンジしたり、スカーフなどの小物を追加でアレンジしてみたりしてもGOOD。凝ったことをしなくても、カーディガンを脱いで肩から羽織ってみたり、ゆるく肩や腰に巻いたりしてみてもなんだか新鮮に見えます。

飲み会の場で目立つのは、特に上半身なので、トップスから顔まわりの演出を工夫してみましょう。狙いすぎは禁物ですが、オフィスでは見せない表情を見せると、上司からの印象がアップしたり、恋がはじまったりするかも!?

■会社の飲み会コーデで気をつけること

さまざまな年代、役職の人が参加する飲み会。気をつけなければならない点もあるはずです。飲み会コーデで気をつけるべきことについて聞いてみました。

◇(1)露出のしすぎ

いい意味での二面性は大切ですが、狙いすぎは禁物。靴の脱ぎ履きや、料理の取り分け、お酌など、普段の会社ではやらない姿勢をすることも考えられます。飲み会とはいえ、会社での集まりですので、露出しすぎるような装いは控えましょう。

◇(2)脱ぎ履きに時間のかかる靴

お座敷への上り下りの可能性を考えると、ジッパーやストラップ、靴紐など、脱ぎ履きに時間のかかる靴はおすすめできません。また、下駄箱に入らないようなロングブーツや、厚底の靴なども場に適しているとは言えません。

◇(3)ボリューム感満載の服

最近までビッグシルエットや、生地をたっぷりと使ったボリューム感のあるデザインがトレンドでしたが、あまりいきすぎたものは仕事の邪魔になってしまうので、職場でのコーデとしてはおすすめできません。

これは飲み会になっても同じこと。メニューを回したり、料理を取り分けたり、お酌をしたりする際に、袖や裾のあたりがボリュームのあるデザインだと邪魔になってしまいます。ファー製品についても、ファーの毛が料理に入らないようにするなど、注意が必要です。

■会社の飲み会におすすめの春先コーデで、上司からの印象もアップ!

飲み会とはいえ、会社の集まり。意外と服装のチェックがされているなんてことも。上司からの印象をアップさせるためにも、飲み会にふさわしい服装を目指しましょう。ぜひ上記を参考に、あなたらしいコーデを考えてみてくださいね。

(監修:都外川八恵、文:おぜきめぐみ)

※画像はイメージです

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.