くらし情報『編集後記:お部屋特集が終わったら、自分と向き合う暮らしに興味が湧いてた』

2018年3月31日 23:10

編集後記:お部屋特集が終わったら、自分と向き合う暮らしに興味が湧いてた

読みは当たり、部屋ごとに人格というか、働き方、こだわり、考えがよくわかるものであった。駅徒歩、外観、内装、色、インテリア、過ごし方。すべてにおいて「あぁ、この人らしい」と思えた。頭の中のような、もうひとりの自分のような。そんな感じ。

彼、彼女らには共通点があった。自分と向き合って生活を余裕のあるものにしようと心がけることだ。

シンプルでミニマムに暮らしたり、花のある生活をしたり、毎日湯船に浸かるように心がけたり、うまく家電を取り入れたり……。暮らしや自分のコンディションに興味を持っていなくちゃできない行動だ。

私なんか、朝は枕に顔を埋めてうにゃうにゃしちゃうし、湯船に浸かるのは本当に寒い日だけ(だから体は冷えている)。暮らしを最適化できるような便利家電はひとつもない。暮らしに興味がない人そのものなのだ。

彼女たちの話を聞いているうちに、このままじゃいけないって思うようになった。何も考えず、気づけないやつになり、どんどん退化しそうだって。だから今は、週に1度は湯船に浸かる努力をしているし、寝る前にカーテンを少し開けて日が昇ったことがわかるようにした。玄関には生花を逆さに吊るして、ドライフラワーになるまで楽しむようになった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.