くらし情報『幸せの引き出しを増やしたい。ビームス・クリエイティブ職のバッグ #私たちのしごとバッグ』

幸せの引き出しを増やしたい。ビームス・クリエイティブ職のバッグ #私たちのしごとバッグ

2018年4月2日 22:37
 

幸せの引き出しを増やしたい。ビームス・クリエイティブ職のバッグ #私たちのしごとバッグ

凛とした佇まいながら、物腰は柔らか。私たちが欲しいと思う“大人の余裕”をまとい、自分なりのおしゃれを楽しんでいるのが、ビームスの吉井裕子さん。彼女は、数あるセレクトショップの中でも第一線にいるビームスで、オフィシャルサイトの企画・制作を担っている。

おしゃれを楽しむクリエイター集団の一員である彼女は、どんなバッグを持っているのだろう。身につけるだけで気分が上がるような、自分にとってのいいモノを見極める審美眼が気になった。

吉井裕子さん(35歳)
(株)ビームスクリエイティブのデジタルPR。店舗での販売とVMDを経て、女性向けブランドである「デミルクス ビームス」「エッフェ ビームス」「インターナショナルギャラリー ビームス」のオフィシャルサイトの企画・制作を担当。週半ばのアフター6は、ヨガでリフレッシュ。好きな食べ物は蕎麦。新年度、自身で蕎麦ブログの立ち上げを計画中。

東京・原宿の明治通りと竹下通りの交差点に位置する一等地。ひときわ目立つ新築の高層ビルへ、去年の秋、ビームスは本社を移転した。晴れた日には富士山も見えるという、絶好のロケーションのプレスルームに現れた彼女のお仕事バッグは、くたっとした質感がおしゃれなブルーのバッグ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.