くらし情報『最大瞬間風速で生きる。胸のコンプレックスを事業に変えた、嵐のような女社長』

2018年4月15日 22:38

最大瞬間風速で生きる。胸のコンプレックスを事業に変えた、嵐のような女社長

最大瞬間風速で生きる。胸のコンプレックスを事業に変えた、嵐のような女社長

嵐のような女性に出会った。

目黒にあるオフィスに到着した彼女――黒澤美寿希さんは、着くやいなやポーチから大量のコスメを取り出して、この取材用に超特急でメイクをはじめた。私たちが今回の取材意図を説明すれば、それを瞬時に理解して、意図に合った言葉を的確に選び抜いてくれる。聡明で、快活。私がイメージしていた「女社長」そのものだった。

胸が大きくて、いいことなんてひとつもない

「最初に立ち上げたのはグラフィックデザイン会社。1~2年くらい経って私が直接関与しなくても自走できるような体制になったので、次は自分が本当にやりたい事業をやろうと思って、2社目を起業しました。それが、アパレルブランド『HEART CLOSET』です」

『HEART CLOSET』は、普通のアパレルブランドとはちょっとちがう。胸の大きい女性がターゲットで、胸のサイズから服を選ぶことができる。この事業の立ち上げには、彼女自身の悩みが根本にあった。

「昔から、好きな服を着たくても、自分の体に合うサイズがないのが悩みでした。太っているんじゃないか、この体が変なのではないか。 まわりにモデルみたいなスタイルの友だちが多かったのもあって、私が痩せるしかないのかと思いつめたり。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.