くらし情報『【ケース別】志望動機の書き方と例文』

【ケース別】志望動機の書き方と例文

2018年5月23日 17:00
 

【ケース別】志望動機の書き方と例文

履歴書を書く上で欠かせないのが「志望動機」。その会社で働きたい気持ちを企業側に伝えるためのものですが、いざ書こうとすると言いたいことがまとまらなかったり、どんな要素を入れればいいのか悩んでしまったりする人も多いはず。そこで、志望動機の書き方やNGポイントについて、キャリアコンサルタントの壷井央子さんに教えてもらいました。

■志望動機の基本的な書き方

志望動機を書くとき、何を意識すればいいのでしょうか?企業側に自分の思いを伝えるための基本をご紹介します。

◇採用ページからキーワードをピックアップする

応募企業について調べ、響いたキーワードをピックアップすることが基本です。応募企業の情報で一番わかりやすいのは、企業HPとは別に作られている「採用ページ」。そこには、自社の応募者のために、事業の内容や仕事内容などが企業HPよりわかりやすく記載されています。特に「新卒採用のページ」は言葉をかみ砕いてわかりやすく記載されているので、ここから自分に響くキーワードを見つけるとよいでしょう。

たとえば、採用ページの「ひとりの夢中が、明日を変える」というキーワードが心に残ったとしたら、それをもとに「仕事を通じて自分を成長させていきたいと常に思ってきたため、『ひとりの夢中が、明日を変える』という言葉に共感し、応募いたしました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.