くらし情報『我慢の限界! 一言多い上司との上手な接し方』

2018年8月20日 07:10

我慢の限界! 一言多い上司との上手な接し方

あきらかに自分が上だと思っていれば、わざわざ優位性をアピールする必要はないからです。

☆自分に自信がなく、嫌われたくない

先ほど一言多い女性に多いとしたパターンで、自分に自信がないあまり言葉を継ぎ足していく人がいます。これは嫌われたくない一心で行っており、不安だからこそたくさんの情報を羅列してしまうのです。口下手な人やコミュニケーションが苦手な人にもよく見られます。

はたから見ると不必要な情報をだらだらと付け足しているように見えます。そのため、不信感を与えやすく、ビジネス上のコミュニケーションとしても無駄が多く嫌がられます。自信がなくて一言多くなっているのなら、逆効果と言っていいでしょう。

■一言多い人との上手な接し方

続いては、一言多い人とどう接するのがいいのか解説してもらいました。

◇上司の場合

一言多い上司は、自分の権威性を確認し、優位に立ちたいと考えているケースが多いです。その上司の余計な一言に反応してしまうと、上司の狙い通りになり、さらにエスカレートしていく可能性があります。

そこで、上司に余計な一言を言われたら、落ち込んだりムッとしたりせず、にこにこ笑顔で受け入れましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.