くらし情報『理解してる? 仕事におけるアウトプットの意味』

2018年8月29日 07:10

理解してる? 仕事におけるアウトプットの意味

☆周囲を巻き込む

アウトプットは個人でやるものという概念にとらわれる必要はありません。仕事に関わらないプライベートなアウトプットであれば、似た目標を持つ人とコンタクトをとって一緒に取り組んでもいいでしょう。仕事で結果を出したいのなら、社内のスタッフと連携してアウトプットをしてみるのも効果的。声を掛け合うことでよりよい仕事ができるのはもちろんですが、「手伝って」と言えることこそ、成長した証でもあるのです。

☆目標とゴールは明確にする

目標とゴールの概念は似ていますが同じではありません。ゴールとはより具体的な数値を意味します。「ある目標のために数値をここまでアップさせたい」、というように明確にしてみてください。アウトプットをするときに一目瞭然となるのは数値。どれだけ自分の成長を実感していようとも、他者から数値をみて失敗ととられるのであればそれは失敗です。目標とゴールを決めておけば、周囲の人たちも評価しやすくなりますし、達成時に自己成長と現実をきちんと認識できるようにもなりますよ。

■アウトプットをしてキャリアとライフプランを見つめ直そう

仕事の中でアウトプットすることで、自分自身のキャリアアップを図れることがわかりました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.