くらし情報『新時代の王子様。「Kis-My-Ft2 宮田俊哉くん」への偏愛』

2020年1月1日 17:10

新時代の王子様。「Kis-My-Ft2 宮田俊哉くん」への偏愛

私の王子様は、二次元に元カノがたくさんいる。

検索して表示された“今期”の彼女が、一回り年下のロリ系キャラなんてざらにある。

コンサートで散々「大好きだよ」と言ってくれた翌週に、アイドル衣装の女性にペンライトを振っていることも知っている。

汗をだらだら流しながら、憧れの歌姫と握手して、デレデレになっている姿も見ている。

それでも、ジャニーズグループ・Kis-My-Ft2の宮田俊哉は、紛れもない王子様だ。

「アニメオタクの人」「スクラッチくじを削っている人」「激辛料理を食べている人」

バラエティ番組のイメージが強いと思うけど、今回は、別の側面から宮田くんを語らせて欲しい。

宮田俊哉が「この時代のチャンピオン」ならぬ「この時代のプリンス」である理由を。

新時代の王子様。「Kis-My-Ft2 宮田俊哉くん」への偏愛


■0から1を生みだす男

今でこそ“オタク”を公言するジャニーズタレントが増えたが、その先駆けとなったのが宮田くんだ。

デビュー前のコンサート。宮田くんはソロコーナーで、名前入りのピンク衣装を身にまとい、オタ芸を披露した。ジャニーさんに「You、本当にそれでいいの?」と聞かれても、宮田くんはやり切った。

いつしか宮田くんの“オタク”キャラはキスマイの秘密兵器になり、グループを印象付けるのに一役買った。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.