くらし情報『「お節介な人」に共通する5つの特徴』

2020年1月13日 07:10

「お節介な人」に共通する5つの特徴

困っている人を助けたり、後輩の仕事を手伝ってあげたり。誰かの「お世話」は、誰もが普通にやっていることです。

しかし、それも度が過ぎると「お節介」となって嫌がられます。では、この“お世話とお節介の差”はいったいどこにあるのでしょうか?

お節介を働く人の心理や、お節介な人にまとわりつかれたときにはどうすればいいのかなど、付き合い方について考えてみたいと思います。

「お節介な人」に共通する5つの特徴


■そもそもお節介とは?

お世話とお節介の違いは、「求められているかどうか」です。

助けてほしいと思っているときに助けてくれればお世話であり、「自分ひとりでもできる」「自分ひとりでやりたい」と思っているときに介入されるとお節介となります。

◇やり方や考え方の押しつけ

「お節介な人」に共通する5つの特徴


また、「やり方や考え方の押しつけ」もお節介です。

困っていることを解決するためのひとつの方法として提案されるのではなく、「こう考えるべき」「こうしなければならない」といった感じで、半強制的に指示するかのごとく関わってくる場合もお節介といえるでしょう。

◇「困っている人を助ける自分は良い人」という考え

「お節介な人」に共通する5つの特徴


そして、もうひとつ決定的な違いといえるのが「本当に相手のことを思っているかどうか」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.