くらし情報『「怪我の夢」を見たら注意すべきこと』

2020年1月29日 07:10

「怪我の夢」を見たら注意すべきこと

夢は私たちが日常では意識できていない深層心理を、シンボリックな形や表現で映し出すといわれています。

夢はあなたの本音や本性を表し、自らを振り返る「気づき」を促してくれるのです。それゆえ、古来より夢は占いに発展していきました。

見た夢を分析していくことで、これから起こりうることや今の運勢がわかるのです。

今回は、「怪我の夢」についてくわしく紹介していきます。

「怪我の夢」を見たら注意すべきこと


■怪我の夢は警告夢

怪我はアクシデントの象徴。

怪我の夢は注意力が不足しているときに見る夢です。

ただし、実際に怪我をするという予知夢ではありません。

この夢は、仕事、人間関係、恋愛などでのトラブルを暗示しています。

あなたに怪我のイメージを見せることで、注意を喚起しているのです。

とても強い警告夢ですが、夢からのメッセージを前向きに受け取って、トラブルを防ぐために役立てましょう。

■パターン別「怪我の夢」の意味

怪我の夢は基本的に警告夢ですが、状況によって何を警告しているかが異なります。くわしく見ていきましょう。

◇(1)顔を怪我する夢は「対人トラブル」

「怪我の夢」を見たら注意すべきこと


顔を怪我する夢は、あなたの周囲からの評判が下がることの暗示。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.