くらし情報『無駄な会議が多すぎる。効率化のために改革するべきこと』

2020年2月12日 11:10

無駄な会議が多すぎる。効率化のために改革するべきこと

今回は「無駄な会議が多すぎる」という女性のお悩みに、外資系OLコラムニストのぱぴこさんがアドバイス。

無駄な会議が多すぎる

今の職場は会議好きな人が多いためか、無駄な会議が多いです。議題に対する結論が出ない会議や、上司の小言や自慢話を聞くだけの会議。私がいなくても成り立つであろう会議(駒として呼ばれているだけ)など……。しかも会議の時間も1時間単位が多いので、業務時間がかなり削られてしまいます。どうすれば、社内の無駄な会議を削減できるでしょうか。

無駄な会議が多すぎる。効率化のために改革するべきこと


無駄な会議、最悪ですよね。働き方改革でもっとも削るべきは「無駄な会議」だと思いますが、無駄な会議をやる人はそれを「無駄な会議」と認識していない問題はよくあります。

無駄な会議の主催者である上司は、「会議を開く=仕事をしている」と勘違いしている可能性が高い。つまり、無駄な会議を削ると彼らの仕事がなくなるんですよ。既得権益的に「仕事」を奪われることを嫌う人は多いのでこの点は非常に難しい問題です。

「無駄な会議」がゲシュタルト崩壊するほど「無駄な会議」がここまで7回出てきましたが、それほどまでに滅するべき文化といえます。

■シンプルな方法は「いらない会議に出ない」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.