くらし情報『愉快なだけじゃない。私が「ゴールデンボンバー」を推す理由』

2020年4月18日 11:10

愉快なだけじゃない。私が「ゴールデンボンバー」を推す理由

初めて「エアバンド」という単語を聞いた時の衝撃をよく覚えている。

動画の中でド派手な髪色と真っ黒な目元の4人組がリズミカルに飛び跳ねる様を見て浮かんだのは、少しの好奇心と、それを大いに上回る困惑だったーー。

愉快なだけじゃない。私が「ゴールデンボンバー」を推す理由


■希代のビジュアル系エアバンド、茶の間に猛然と現る

きっかけは弟だった。時は2012年の歳末、かの紅白歌合戦に初選出されたヤバいバンドがあると紹介された動画。

正直、最初は鼻で笑った。だって斬新すぎる。その手に楽器を持っていながら、音を出さないどころか弾く素振りすら適当で、4人ともそれが当然のように、いい笑顔で踊っている。

そして見ているうちに気付いてしまう。ギターソロで始まる奇怪なパフォーマンスも、飛び跳ねるようなダンスも、パワフルな歌声も、全てが全力であることに。

全力でふざけながらも真っ直ぐ音楽を届ける様に、自然と引き付けられた。

これが私と、愛すべき推しーーゴールデンボンバーの出会いである。

■ファンだと明かすのに勇気が必要だったあの頃

「えっ、どこがいいの?」「一発屋でしょ(笑)」「あれってさぁ、歌も口パク?」

新卒ほやほやの頃、社内報の自己紹介欄にうっかり「趣味:ライブ鑑賞」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.