くらし情報『「生きるのが楽しい」と思えたらそれでいい。新川優愛の人生観』

2020年4月19日 18:10

「生きるのが楽しい」と思えたらそれでいい。新川優愛の人生観

取材・文:ameri、撮影:須田卓馬、編集:高橋千里/マイナビウーマン編集部

かつて北川景子さんや桐谷美玲さんも受賞した「ミスセブンティーン」2011・受賞モデルの一人。当時『Seventeen』を愛読していた私は、彼女の手足の長さとかわいさに目を奪われた。新川優愛さんだ。

「生きるのが楽しい」と思えたらそれでいい。新川優愛の人生観


そこから着実にキャリアを積み、現在はモデルとしてだけではなく、女優やタレント、MCとしても幅広く活躍している。そして2019年には「結婚」という大きな決断もした。

25歳で結婚を決意した理由とは、そしてこれからの目標とは。マイナビ TGC 2020 S/S の舞台裏で、彼女の人生観を深掘りしてきた。

■生粋のテレビっ子。“ブラウン管”の中に入りたかった

新川さんが芸能界に飛び込んだのは小学生のとき。どんな思いがきっかけだったのだろう。

「小さい頃からテレビっ子で、バラエティ番組からドラマまで、ジャンルを問わず大好きでした。私もこの箱の中に入ってみたいという思いが強くて、小学生の時に自分から事務所に応募したんです」

確かにバラエティ番組はびっくりするくらい面白いし、ドラマの世界は非日常でキラキラしている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.