くらし情報『都合を聞かれて「大丈夫です」と言わないほうがいい理由』

2020年5月20日 07:10

都合を聞かれて「大丈夫です」と言わないほうがいい理由

都合を聞かれて「大丈夫です」と言わないほうがいい理由


「都合がいいかどうか」――ビジネスにおいて相手と自分の都合を支障がないよう調整することは、意外と気遣いを要します。

どんな聞き方なら感じが良いか?都合がいい時、悪い時の答え方はどうすればいいのか?順に見ていきましょう。

■「都合がいい」の「都合」とはどんな意味?

「都合」とは、「全て」を意味する「都」に「合」を合わせた熟語で、次のような意味があります。

(1)合計。ひっくるめて。

(2)他の事柄との関係。なりゆき。具合。

(3)やりくり。てはず。

(4)具合の良いさま。具合の良い場所。

(5)要するに。結局。

(岩波書店『広辞苑』)

「都合がいい」は、(2)の用法です。「他の事柄との関係がうまくいく。なりゆきや具合がいい」という意味ですね。

また、予定や予算などの「都合がつく」は(3)の用法です。

■相手に「都合」を尋ねる場合の敬語表現は?

目上の人の予定を尋ねる場合、「都合」だけでは失礼にあたります。敬意を表す接頭語「ご」をつけた「ご都合」を使いましょう。

この「ご都合」を他の言葉と組み合わせて尋ねるわけですが、先に希望を伝えて聞く、相手の予定を最優先するなど、場合によって表現が変わります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.