くらし情報『よく使う言葉を敬語に変換』

2020年5月28日 19:10

よく使う言葉を敬語に変換

よく使う言葉を敬語に変換


「敬語の使い方に自信がありますか?」そう問われると、「間違った使い方をしているかもしれない」と普段何気なく使っている敬語の知識に不安を感じる方も多いと思います。

後輩を指導する際にも理由をきちんと説明できるよう、知っておきたい敬語の基本をもう一度確認してみましょう。

■尊敬語・謙譲語・丁寧語とは

敬語は従来尊敬語・謙譲語・丁寧語の3分類でしたが、2007年に謙譲語が謙譲語IとII、丁寧語が丁寧語と美化語に細分化されて5分類になりました。

・尊敬語:相手や第三者を立てる敬語

「立てる」とは、敬う気持ちや尊重する気持ちなどを表現するために、相手や第三者を上に位置付けて述べること。

・謙譲語I:向かう先に対する敬語

「向かう先」とは、誰に対して敬意を評したいのか、その対象者のこと。対象者は相手の場合だけでなく第三者もある。

・謙譲語II:相手に対する敬語

敬意を評する対象者は相手のみ。

・丁寧語:語尾を丁寧に表現して、相手に敬意を表す敬語

・美化語:丁寧の接頭語である「お」や「御(ご)」をつけた用語

※主語により、尊敬語や謙譲語II に分類される場合もある

「(お客様の)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.