くらし情報『「無駄なリモート通話」の切り抜け方』

2020年6月9日 11:10

「無駄なリモート通話」の切り抜け方

今回は「無駄なリモート通話を切り抜けたい」という女性のお悩みに、外資系OLコラムニストのぱぴこさんがアドバイス。

無駄なリモート通話を切り抜けたい

うちの会社は在宅ワークがまだ続いていますが、直属の先輩からよく通話がかかってきます。通話の半分が業務について、もう半分が上司への悪口で終わります。正直、無駄な時間です。だけど私は後輩なので、言うことを聞くしかないのでしょうか。うまい切り抜け方はありますか?

「無駄なリモート通話」の切り抜け方


株式会社リンクライブが行った「第1回 新型コロナウイルス感染拡大に伴うリモートワーク実態調査」では、なんと75%以上が「在宅ワークで無駄な会議が減った」と回答しています。

が、悲しいかな相談者さんは在宅ワーク中に「無駄な通話」によって時間を拘束されているとのこと……。由々しき事態です。

■ぱぴこ総研 研究結果:無駄な会議や会話の中身は10割、悪口・愚痴

ぱぴこ総研の調べによると、最も生産性のない会議や会話は「だらだらと喋る悪口と愚痴」です。

不満がたまっているチームのガス抜き的に実施するのは意味がありますが、主に目上の人々がバイネームで「イケてる、イケてない」という話で盛り上がるほど、若手は冷めていきます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.