くらし情報『一生使える資格10選』

2020年6月29日 19:10

一生使える資格10選

薬剤師は第一類を販売できる国家資格ですが、卒業要件が6年制に変更になり、「取得難易度と実務利益」のバランスが落ちたとも言われています。一般薬品の取り扱い店舗が増加傾向にある中、薬剤師と並び求められる職種です。資格手当がつくことも多く、手に職の資格でしょう。

◇(8)看護師

言わずとしれた「看護師」も手に職系の職種として名高いです。女性比率が高く、妊娠出産でブランクがあっても再就職が可能だったり、転勤に強かったりする点が魅力的です。看護師には国家資格の「看護師」と公的資格の「准看護師」があります。准看護師は、看護師の指示に従って業務を行います。

◇(9)医師

「一生使える資格」代表格といってもいい医師。取得難易度が高いため、おいそれと手を出せるわけではないとはいえ、専門性や優位性はピカイチといえます。もちろん医師として働いていくことも可能ですし、医師免許の専門性を生かし、製薬会社などで働く事例もあります。

◇(10)弁護士

医師と並んで資格業の双璧をなす難関資格、弁護士。「一生使える資格」と考えていいでしょう。独立はもちろん、企業弁護士として活躍する道もありますし、大手法律事務所に所属してバリバリ働くことも可能です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.