くらし情報『「とんでもございません」が誤りの理由』

2020年6月30日 07:10

「とんでもございません」が誤りの理由

「とんでもございません」が誤りの理由


接客やビジネス上の会話でよく使われる「とんでもないです」は、どのような意味なのでしょうか。具体的に使われるシーンと合わせて押さえましょう。

■「とんでもないです」という言葉の意味とは?

「とんでもございません」が誤りの理由


「とんでもない」は「途でもない」が変化してできた言葉です。基本的な意味としては、

1.予想できなかった異常事態が起きる様子。

例「とんでもない事件が起きてしまった」

2.常識や道徳から考えて、あってはならない様子。

例「とんでもないことをしやがって」

3.全くそのようなことはないと考えられる様子。

例「あの人がリーダーに適任だなんて、とんでもない」

という3種類があります。

ビジネスシーンで使われる「とんでもないです」は1~3、どの意味の可能性もありますが、最も頻繁に使われるのは3の意味でしょう。

■「とんでもないです」の使い方と例文

「とんでもございません」が誤りの理由


仕事上のやりとりでの「とんでもないです」は、主に謙遜する気持ちを表すのに使われています。「とんでもないことです」「とんでもないことでございます」という形でも使われます。具体的な使い方は次の通りです。

◇(1)褒められた時、謙遜を込めて否定する

褒められた際、「いやいや、そこまですごくはありません」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.