くらし情報『求められた場所で自己実現はしない。弘中綾香の仕事流儀』

2020年7月23日 17:10

求められた場所で自己実現はしない。弘中綾香の仕事流儀

彼女は「アナウンサーになれただけでもラッキーだけど、せっかく自国でオリンピックが開催されるなら、キャスターを務められたらいいな」と考えていた。

しかしその後、スポーツ番組どころかニュース番組や情報番組にも起用されることなく、求められるのはバラエティ番組の現場ばかり。適性を見いだされた場所で力を発揮することを重視しているとはいえ、理想と現実のギャップに戸惑うことはなかったのだろうか。

「そもそも自分のやりたいこと全てを、仕事で実現できるなんて思ってないです。どうしてもやりたいことがあったら、実現できる場所を自分で作り出せばいい。与えてもらった場所で自分がああしたいこうしたいじゃなく、そこで自分が今やるべきことをやる。そこは結構割り切っているところですね」

■興味の対象をとても狭くして、常に目線は近くに置く

弘中綾香


彼女の発言やキャラクターは、時に批判の的にされる。特にネットニュースやSNSには批判だけでなく、憶測で勝手なことを書かれることも多い。自分自身に関して書かれることには「見えない敵には立ち向かうことをやめた」と話す。

「いろいろ言われがちだし気にしちゃうんですけど、気にしていたらこの仕事やってられないので。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.