くらし情報『「知らない人」が夢に出てくる19の理由』

2020年7月8日 17:10

「知らない人」が夢に出てくる19の理由

夢は私たちに思いがけない出来事、突拍子もないストーリーを語りかけます。夢の中の登場人物にしても然りで、自分が主人公のこともあれば親しい人が出てくることもあるでしょう。

その中で意外と多いのが、知らない人が出てくる夢。会ったこともなく、顔も知らない人が夢に現れたら、どんなことを示しているのでしょうか。

今回は、シーン別に「知らない人が出てくる夢」の意味を探っていきましょう。

「知らない人」が夢に出てくる19の理由


■知らない人が夢に出てくる理由

夢に出てきた知らない人は、大概の場合、自分自身の分身として登場します。というのも、知らない人は、自分でも知らない自分の一面を表しているのです。

☆同性の場合は「自分の分身」

「知らない人」が夢に出てくる19の理由


特に知らない人が同性だったら、間違いなくあなた自身の代役。また時に知人や同僚など周囲の人の象徴として現れることもあります。

☆異性の場合は「理想の恋人像や恋人の分身」

「知らない人」が夢に出てくる19の理由


また異性の知らない人は、理想の恋人像や、あなたが恋愛面で気付いていない部分を表します。恋人がいる場合なら、恋人の分身として登場する場合も。

なぜ夢が知らない人としてあなたの代役を登場させるかというと、あなたに無意識界からのアドバイスを与えたり、心理的な負担を軽減させたりするためといわれています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.