くらし情報『ビジネスにおける戦略と戦術の違い』

2020年7月14日 07:10

ビジネスにおける戦略と戦術の違い

私がマーケティングのお仕事を始めて、8年目になります。マーケターとは、分かりやすく言うと「どんなメッセージを、どんな手段で消費者へ伝えるか」を考えるお仕事です。

そこでマーケティングを教わる際に口を酸っぱくするほど言われるのが「戦略と戦術」です。日本語ではとても似ていますが、その意味は大きく異なります。

今回は、戦略と戦術の違いをマーケティングの具体例を使って、分かりやすく解説できればと思います。

■戦略と戦術の意味

ビジネスにおける戦略と戦術の違い


そもそも、日本語で戦略と戦術が1文字しか違わないのが、混乱の原因でしょう。

戦略は英語でStrategy(ストラテジー)と呼び、組織が前に進むための長期的な筋道を指します。

対して戦術は英語だとTactics(タクティクス)と全く異なる単語。戦術とは「戦略を実現するための細かな具体策」です。

例えば、マイナビウーマンの戦略が「30代の女性全員が閲覧するサイトを作るために30代女性が気になるコンテンツを増やす」ことだとしましょう。戦略は、これくらい大きな方向性です。

この戦略を実現するための戦術は例えば「30代女性が憧れる女性の取材記事を連載する」「30代女性が気になるトピックを3カ月に1度アンケート調査して、トップ10に入ったものを連載テーマにする」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.