くらし情報『失敗する「自分探し」3パターン』

2020年7月14日 11:10

失敗する「自分探し」3パターン

■私たちが自分探しをしたくなる理由

では、私たちはどんな時に自分探しをしたくなるのでしょうか?

以下のような理由が考えられます。

◇(1)現状に不満があるから

失敗する「自分探し」3パターン


自分探しをしたくなる最たる理由が、この「現状が不満」という感情ではないでしょうか。

特に一日の大半を費やす仕事において不満があると、自分がやりたいことは今の仕事なのだろうか?という疑問から始まり、次第に生き方そのものを模索するようになりがちです。

◇(2)日常が退屈だから

失敗する「自分探し」3パターン


忙しい時というのは目の前にあるタスクをこなすことに精いっぱいで、未来を考える時間も余裕もありません。

反対に「暇だな」「退屈だな」という感覚を覚えるくらいに時間を持て余すようになると、次第に「自分はこのままで良いのだろうか?」という感情が湧き、それが「充実した人生を送りたい」という欲求に変わってきます。◇(3)周りが変化しているから

失敗する「自分探し」3パターン


自分の周りに変化が続いた時などもそうです。

インターネットの発達によって、現在自分の周りにいる人だけでなく、学生時代の仲間や退職した同僚など、過去に関わっていた人たちの現状も知ることができるようになりました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.