くらし情報『ビジネスで使える「体調を気遣う言葉」』

2020年7月17日 07:10

ビジネスで使える「体調を気遣う言葉」

ビジネスの場でのやり取りは、意識しないと用件のみになりがちです。

しかし毎回本題だけの内容となると冷たく、距離を感じさせてしまうかもしれません。信頼関係を構築して協力し、成果を上げるためにも、お互いに気遣う言葉は大切です。

ここでは具体的な「体調を気遣う言葉」のバリエーションをお伝えしますので、円滑なコミュニケーションにつなげていきましょう。

ビジネスで使える「体調を気遣う言葉」


■なぜ「体調を気遣う言葉」が役立つのか

ビジネスで使える「体調を気遣う言葉」


基本的にビジネスは相手の立場になって求めていることに応える、役に立つことを提供することで成り立ちます。

「相手の立場になる」とは、想像しながらコミュニケーションを取ることが基本。

状況に合わせた相手を思う気遣いの言葉は、“相手の立場をおもんばかれる人”という印象を与えます。

特に体調を気遣う言葉は、慌ただしいことが多いビジネスシーンでは心が温まるホッとする言葉として、当たり障りなく相手に届きやすいのです。

■シーン別「体調を気遣う言葉」例文

ここでは、4つのシーンで使える「体調を気遣う言葉」をそれぞれ紹介していきます。

◇(1)季節の変わり目での気遣い

ビジネスで使える「体調を気遣う言葉」


気温差が大きく体調を崩す人も多いので、「あなたには気を付けてほしい」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.