くらし情報『「人となり」と「人柄」の違いとは?』

2020年7月22日 09:10

「人となり」と「人柄」の違いとは?

「人となり」という言葉を聞いたことはありますか?

「彼の人となりに惹かれました」というように、その人の「人間性」を示す時に使われる言葉です。

この記事では、「人となり」の意味や語源、言葉の使い方について紹介します。

■「人となり」は「生まれつきの人柄」という意味

「人となり」と「人柄」の違いとは?


「人となり」とは、「生まれつきの人柄」という意味で、生来の性質・人間性といったことを指します。

似た言葉に「人柄」などがありますが、それらと比較すると「人となり」はやや古風な言い回しとなります。

「話し方には人となりが出る」といったように、その人の「人間性」を示す時などによく使います。

「その人の人となりを教えてください」という場合は、「その人はどのような印象なのか、どんな人物なのかを教えてください」といった意味になります。

「人となり」の由来・語源

「人となり」と「人柄」の違いとは?


「人となり」は、「為人」という漢語に由来した言葉だと考えられています。

「為」は「〜たり」という意味で使われ、「為人」という言葉は「人たること」「人としての在り方」のような意味合いです。

「為人」は、その人の性質、気性、体付きなどを表す他、「天性」という意味もあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.