くらし情報『悪印象を与える口癖5つ』

2020年8月18日 11:10

悪印象を与える口癖5つ

「無くて七癖」といわれるように、癖が無さそうな人ですら多少は癖を持っているものです。

そんな中でも、口癖は自分で自覚しづらい癖の一つ。そして、下手な習慣よりもあなたの人生に影響を及ぼしているのもまた、口癖です。

■口癖ってどのくらい重要なの?

悪印象を与える口癖5つ


私が学生の就職活動指導をしていて常にチェックしているのが「口癖」です。なぜなら、どんなに志望動機を作り込んでも、あるいは自己PRで良いエピソードを準備しても、悪い口癖があると面接で落ちてしまうから。

ある学生は、フォーマルな場でも「えっとぉ……」と話し始める口癖が直らず、面接で落ち続けました。

口癖は普段から使っているせいで自覚しづらく、録音でもして聞かなければ気付けません。就活生の多くは「私(僕)、こんなふうにしゃべってたんですね」と指摘を受けてから驚きます。

それくらい自覚できないものなのに、仕事や恋愛でも大きく影響を及ぼしてしまうのが口癖の怖いところなのです。

■使っちゃいがちだけど、印象を悪くする口癖って?

では、実際によくある「印象を悪くする口癖」の例を見ていきましょう。

◇直すべき口癖(1)「どうせ~だから」

悪印象を与える口癖5つ


まず、直したい口癖の筆頭に挙がるのは“できない理由探し”をする、「どうせ~だから」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.