くらし情報『「催促メール」のコツとは?』

2020年8月20日 09:10

「催促メール」のコツとは?

待っている返事が来ないと仕事も滞りますし、「忘れられているのでは?」と不安にもなりますね。

特にメールでの催促は、ニュアンスや感情が伝わりづらいので、門が立たないような配慮が必要です。

相手を不愉快にさせずに返信をしてもらえる催促のメールには、いくつかのポイントがあります。

こちらの思いがうまく伝わるための具体的な内容を文例とともにご紹介します。

「催促メール」のコツとは?


■催促メールを送る前に注意すること

まずは、催促メールを送る前に注意しておくことについて紹介していきます。

◇催促メールを送る前にメールボックスを確認

「催促メール」のコツとは?


まず確認することは、自分のメールが相手にちゃんと送られているかどうかです。

下書きのフォルダーに入ったままになっていないか、エラーで戻ってきてしまっていないか?

そして、相手からの返信が迷惑メールフォルダに入ってしまっていないかも確認を忘れないようにしましょう。

◇催促メールを送るタイミングを考えよう

「催促メール」のコツとは?


どの時間だったらすぐに返事をしてもらえる可能性が高いのか、相手の仕事内容や行動パターンを考えて送りましょう。

何らかの返信をもらう上でも、遅い時間にならないように配慮します。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.