くらし情報『プレゼンが上達する6つの極意』

2020年8月31日 11:10

プレゼンが上達する6つの極意

プレゼンは、技術です。昔からプレゼンテーションが得意だった人でも、訓練無しにはせいぜい「話が上手い人」止まり。

社内だけでなく赤の他人にまでわかりやすいと思われるプレゼンテーションをするには、技術を勉強し、練習せねばなりません。

逆にいえば、話に自信が無い人やあがり症の人でも、きちんと練習すればプレゼン上手になれるのです。

そこで、今回はプレゼンテーション対策をご提案できればと思います。

■プレゼンに大切な話し方とは

プレゼンが上達する6つの極意


プレゼンでの話し方のコツを一言にまとめるなら「何を伝えたいかが、わかりやすい話し方」を心掛けることです。

「そんなの、当たり前じゃん」と思うかもしれませんが、これまでダメなプレゼンを聞いて思ったことはありませんか?

「この人、一体何が言いたいんだろう……要点が見えない……」。

「同じことを何度も繰り返してるけど、結論は何なんだ……」。

大事なポイントがわからないから、聞き手は眠くなり、早く終わるよう念じるのです。プレゼンをする上で大事なことは「何を言いたいかハッキリさせること」に尽きます。

■上手なプレゼン6つの極意

では、相手にハッキリと論点が伝わるプレゼンとはどうすればいいのでしょうか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.