くらし情報『個人宛ての敬称は「御中」「様」のどちらが正しい?』

2020年8月31日 17:10

個人宛ての敬称は「御中」「様」のどちらが正しい?

私たちは他の企業や郵便物、メールを送る時、当然のように「御中」という宛名を使っていますが、正しい使い方をしている自信はありますか?

今回は、「御中」の意味や使い方のポイントを紹介します。自信を持って宛名書きに臨めるようにしましょう。

個人宛ての敬称は「御中」「様」のどちらが正しい?


■「御中」という言葉の意味

個人宛ての敬称は「御中」「様」のどちらが正しい?


「御中」の「御」には、「御住所」「御名前」などに使われているように、相手への尊敬を表す意味があります。

それに内側を表す「中」と合わせて「御中」にすると、「相手の所属する組織内の人宛て」という敬称になります。

ですので、「御中」の敬称を付けずに会社名や部署名宛てのみで郵送すると、相手を呼び捨てにしていることになり失礼になります。

自分の会社への信用まで失いかねませんので注意しましょう。

「御中」の使い方・注意点

ここでは、「御中」の正しい使い方と、間違った使い方を紹介します。

◇正しい「御中」の使い方

個人宛ての敬称は「御中」「様」のどちらが正しい?


「御中」は宛名が会社・学校・病院・役所など組織や団体の場合に使う敬称ですので、個人宛てで、担当者名が分かっている場合には「○○様」、分からない場合には「ご担当者様」を使います。

つまり、宛先が個人名以外の場合に「御中」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.