くらし情報『色によっても変わる「薔薇」の花言葉』

2020年8月29日 17:10

色によっても変わる「薔薇」の花言葉

言わずと知れた花の女王、薔薇。プロポーズの際の花としてイメージする方も多いのではないでしょうか。

薔薇は古代より多くの人々に愛されてきた、愛や美を象徴する花ですが、色の種類や本数によって花言葉が異なります。

多くは愛にまつわる花言葉を持ちますが、中には、贈る際に注意しておきたい意味合いも。

そこで今回は、薔薇の色や本数・部位別での花言葉を紹介していきます。

色によっても変わる「薔薇」の花言葉


■薔薇の歴史

色によっても変わる「薔薇」の花言葉


まずは薔薇の歴史を紹介します。

薔薇の起源については諸説あり、ギリシャ神話では、美と愛の女神・アフロディテ(ローマ神話でのヴィーナス)が生まれた際、その泡から一緒に生まれたとも、彼女の誕生を祝うためにオリンポスの神々が創り出したともいわれています。

歴史も古く、紀元前2000年にはすでに栽培されていたとされ、品種も多種多様。他の花と比べて多数の花言葉が存在することからも、たくさんの人々に愛されてきたことが分かります。

薔薇にまつわる歴史的な逸話も多々あります。

例えば、あの絶世の美女・クレオパトラは、薔薇の花を浮かべて入浴したり、部屋中に花びらを敷き詰めて恋人を出迎えたりしていた、とされています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.