くらし情報『やりたい仕事より「できる仕事」を選ぶべき理由。水城せとなインタビュー』

2020年9月8日 17:10

やりたい仕事より「できる仕事」を選ぶべき理由。水城せとなインタビュー

リモート取材・文:高橋千里(たかはし)/マイナビウーマン編集部

『失恋ショコラティエ』や『脳内ポイズンベリー』など、20~30代の女性の心をわしづかみにする恋愛作品を数多く生み出してきたマンガ家・水城せとな先生。

マンガ家歴26年目になる今年、水城先生の代表作の一つである『窮鼠はチーズの夢を見る』シリーズが実写映画として全国で上映決定。

常に恋愛マンガ界の第一線を歩み続け、まさに“好きなことを仕事にしている”ように見える水城先生だが、実は「好きなことばかりやっているわけではない」のだとか。

そこには、一般企業の会社員として働く私たちが学ぶべき「仕事への信念」が隠されていました。

やりたい仕事より「できる仕事」を選ぶべき理由。水城せとなインタビュー


映画『窮鼠』は、原作通りのフラットな世界観

やりたい仕事より「できる仕事」を選ぶべき理由。水城せとなインタビュー

マイナビウーマン編集部のたかはしです。今日はよろしくお願いします!

映画『窮鼠はチーズの夢を見る』の試写を鑑賞しましたが、水城先生が描く原作の世界観がそのまま実写に映し出されていて感動しました!映画館で上映されたら何度も観に行ってしまいそうです。

https://youtu.be/vGQRUcQzAlQ

やりたい仕事より「できる仕事」を選ぶべき理由。水城せとなインタビュー
ありがとうございます。実は今までも何度か別の配給会社さんに、実写化の企画提案はいただいていたんですけど、お断りしていて。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.