くらし情報『就職に有利な資格BEST5』

2020年9月11日 07:10

就職に有利な資格BEST5

◇難易度が低く、応募者が多い資格の例:秘書検定

就職に有利な資格BEST5


秘書検定は女子大学生を中心にキャリアセンターで受験を支援してもらいやすい資格の1つです。新卒の就活で秘書職を目指しており、かつライバルに差をつけたいのであれば「頑張ってるね」と思ってもらえるかもしれません。

しかし、30代以上の転職者で秘書検定が有利になったという話は聞いたことがありません。秘書は秘書検定を受けていなくてもなれますし、大企業だと秘書検定よりも語学能力やコミュニケーションスキルが重視されがちです。「主婦だし、まずは秘書検定で」などと乗せられないよう、注意してください。

■資格は本当に就職に有利なのか

就職に有利な資格BEST5


資格は転職や就活のためだけに存在するわけではありません。おすすめしないに挙げた例も未経験転職者にこそ使い勝手が悪くても、実務経験がある方のさらなるキャリアアップ等には価値のある資格です。

要は、「目的に合わせて資格を取りましょう」というだけの話です。調理の仕事をしたくないのに、調理師免許を持つ意味はほとんどありません。ド文系で財務会計が苦手なのに、ファイナンシャルプランナーや税理士を目指すのは効率的ではありません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.