くらし情報『「ご愁傷様です」を使ってはいけない場面とは?』

2020年9月19日 19:10

「ご愁傷様です」を使ってはいけない場面とは?

を使うことは適切でしょうか。

☆手紙や弔電、メールの場合は省く

お見舞いや弔意を伝える手紙は、緊急時であり相手は取り込み中でもあるため、前文のあいさつを省いていきなり本文から書き出すのがマナーです。

手紙の派生形である弔電やメールも例外ではありません。

とすると、あいさつ言葉である「ご愁傷様です」は使う必要がありません。心のこもったお悔やみの言葉から書き出しましょう。

美辞麗句を連ねた空疎なものにならないよう、また自分の嘆きや悲しみばかりを強調することもないよう、文には工夫が必要です。

■「ご愁傷様です」を使用する際の注意点

「ご愁傷様です」を使う時の注意点を見ていきましょう。

「ご愁傷様です」を使ってはいけない場面とは?
◇(1)死亡原因は聞かない

ご遺族をいたわる気持ちが大切ですので、故人が亡くなった経緯をお聞きするのは控えましょう。

◇(2)忌み言葉は避ける

「重ねがさね」「返すがえす」などの重ね言葉は忌み言葉ですので使用を避けます。中でも「再び」「くれぐれも」「次々」「なおまた」などはつい使ってしまいがちなので注意が必要です。

◇(3)遺族へのいたわりの気持ちを忘れない

お悔やみを伝える時、悲しみに暮れるご遺族に対して「どうぞお力落としのないように」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.